グループ展」カテゴリーアーカイブ

2017 アジア・パラアート -書- TOKYO 第4回国際交流展

平成29年11月8日(水)~12日(日)、日本豊島区のとしまコミューゼタウンで、豊島区と(公財)日本チャリティ協会の共催の2017 アジア・パラアート -書- TOKYO (http://www.paraart.jp/) が開催されました。

第4回国際交流展は『書』をテーマに開催され、中国から20作品、韓国から20作品、イラン・オランダから4作品、日本から50作品の計94作品、特別展では著名人の書46作品が展示されました。

オープニング・セレモニーでは、
日本の金沢祥子さん、鈴木達也さん、
中国の趙靖さん、
韓国の石敞宇さん
がすばらしいパフォーマンスを披露されました。

今回の運営委員長で、日本チャリティ協会パラアートスクールの書道講師もなさっている堀吉光先生(奎星会理事長)は、11月8日(水)15時に行われた座談会で、

「三か国の中では特に中国からの出品作品が多様で幅の広い表現は素晴らしかった。
日本からの応募作品は会場の関係で公募形式をとって審査して入選した作品のみを展示。
指導的立場の違いもあり、作品のレベルに関しては今後に期待をしたい。
パラアートスクールの教室では一般的に考えられている「早く・美しい」という概念から少し変えて、書の持っている毛筆の魅力を伝えることが大切。
大作指導では、大筆を持って大きな紙に挑むときの集中力と緊張感、書いた作品に対しての達成感を受講者に伝え、今後も書の持っている醍醐味を共に追及できればと思っている」

と感想を述べられました。


(座談会の様子)

(終)

萬松雅集 中日書画芸術家交流展

2017年11月28日(火)~12月1日(金)、中国福建省泉州市の日中藝術家交流サロンで開催された「萬松雅集」に浦田篁苑先生(奎星会参与)が出展されました。

展示会の様子が、地元の新聞「泉州青年」に掲載されましたので、ご紹介いたします!

この展示会は、さがみアカデミー「墨絵講座」と福建省泉州田安北路の主催で開催されました。

浦田先生は相模女子大学の教育・文化顧問をなさっています。今回の展示会には4点出品されており、赤枠は出展作品の1つです。

その上の墨絵が、今回の展示会のきっかけとなったさがみアカデミー「墨絵講座」の浅場和美さんの作品です。

開催中の様子は、相模女子大学のホームページにも紹介されていますので、そちらも是非のぞいてみてくださいね!

http://www.sagami-wu.ac.jp/news/2017/12/12/008630.html

(終)

第八回豊峯會書展

2009年度毎日展書の訪中視察団によるグループ展。
例年、都内で開催されていましたが、今年は団長の菅野清峯先生の米寿記念展と合わせて、神戸の同じ会場の東館2Fで開催されました。

豊峯会の会員20名と当時秘書長として随行された毎日新聞社の堀内宏明氏、毎日観光の北川明氏が出品されました。

奎星会からは、菅野清峯先生、井上鳳園先生、糸井綾先生が出品されました。


今年は、1人4メートル四方のスペースに大作が勢揃い!

こちらも見応えたっぷりでした!

(終)